かすむ地方創生。東京一極集中は是正できるのか。

こんにちは!ありあとです☆

先日、最新の国勢調査結果が公表され、北海道でも特に地方部での減少が顕著ということが明らかになりました。

www.hokkaido-np.co.jp

少子高齢化や東京一極集中が進む中、地方の人口が大幅に減少することは当然想定されていましたが、私の頭の中にうかんだのは「『地方創生』ってなんだったのだろうか?」という疑問でした。

地方創生とは

最近では話題になることが少なくなった地方創生ですが、そもそもは第2次安倍内閣によって、2014年から進められた地方活性化を目的とした政策です。「まち・ひと・しごと創生法」を制定し、「まち・ひと・しごと創生総合戦略(2015~2019)」に基づいて政策を進めることとされました。

政策の一つの大きな目標として、「東京一極集中」の是正が挙げられ、本社機能を移転させた場合の税の優遇制度、23区内にある大学の定員抑制などが進められました。

「東京一極集中」が進むと地方が衰退していくことに加え、出生率が低い東京に若者が集中すると人口減少に拍車がかかるため、なんとしてでも止めなければという観点で進められたものです。

また、地方自治体にも地方版総合戦略の策定を促し、国を挙げての取り組みを進めました。

 文化庁だけ?の省庁移転

東京一極集中を進める上で、当時話題になったのが、霞ヶ関にある省庁を地方に移転させる「省庁移転」です。

消費者庁特許庁などの移転が議論となりましたが、結局移転となるのは文化庁京都府)だけ。移転できない理由は、「官邸や関係省庁との迅速かつ密接な調整が必要な危機管理業務や国会対応は不可能」「全国からのアクセスが問題」「なぜその地域に移転するかの説明が困難」など最初から想定できたものが並びます。結局、国会対応をはじめ、関係機関との様々な調整業務などを考えると、東京が便利なのでしょう。

企業にも本社機能を地方に移転させることを求めているにもかかわらず、省庁がこのような対応なのでは、東京一極集中が止まるとは思えません。

とはいえ、移転することになる省庁の職員にとっては、地方への移住を強制されるわけで、反対する気持ちは充分に理解できます。

取り組みの結果は

5年間の取り組みの結果はどうだったのでしょうか。

「東京一極集中」の是正を進める上での数値目標が「2020年時点で東京圏から地方への転出・転入を均衡」です。実際の結果はというと、見事に失敗し、むしろ2019年までは東京への流入が加速するという結果に終わりました。

 

<東京圏への転入超過人数>

2015年  10万9000人

2019年 14万6000人

2020年  9万9000人←「0」が目標

 

2020年は新型コロナウイルスの蔓延という影響があったものの、東京の転入超過という状況は変わっていません。感染症の終息後は元の水準に戻ってしまうのではないでしょうか。

今後は「関係人口」に軸足

2020年からは第2期の総合戦略期間が開始(~2024年)されており、その中では「関係人口」の創出を対策の柱にしています。

関係人口ってなに?という方も多いでしょう。関係人口とは「移住した定住人口でもなく、観光に来た交流人口でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のこと」です。それでもよくわかりませんが、具体的には「地域外から地域の祭りに毎年参加し運営にも携わる人」「副業・兼業で週末に地域の企業・NPOで働く人」などのことです。

地域の担い手が減少する現状において、地域外の「関係人口」にその役割を担ってもらい、最終的には移住につなげようという意図があります。発想としては面白いと思いますし、局所的には成功する事例も多くあると思いますが、全体として「東京一極集中」を止めるほどのインパクトには欠けます。

最後に

新しい総合戦略では、「東京圏から地方への転出・転入を均衡」を2024年に伸ばした目標設定をしています。

新型コロナウイルスを機にテレワークが推進され、東京一極集中が緩和することも期待されますが、2020年でも大幅な転入超過であったことを踏まえると目標の達成は望めないのではないでしょうか。

2024年になったら、第3期の総合戦略が策定され、今度は「東京圏から地方への転出・転入を均衡」が2029年までに目標が延長されていることでしょう。

世界遺産の一つの形態、シリアル・ノミネーション・サイト。

こんにちは!ありあとです☆

三内丸山遺跡青森市)など17の遺跡で構成される「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、世界遺産登録がほぼ確実な状況になりました。

ニュース自体は大変喜ばしいものですが、広範囲に点在する複数の資産を一つの世界遺産とすることについて疑問を持った方も多いのでしょうか。

近年、世界遺産の一つの形態、「シリアル・ノミネーション・サイト」として登録申請するケースが増えています。

シリアル・ノミネーション・サイトとは

世界遺産というと、「姫路城」や「知床」など単一の資産や地域のことをイメージする方も多いかと思います。

世界遺産には、地理的には分散していても、一つのテーマでこれらをまとめ、そのテーマに即した遺跡群をひとまとめにして推薦する方法があり、このような世界遺産を「シリアル・ノミネーション・サイト」と呼びます。

シリアル(serial)は「連続性のある」、ノミネーション(nomination)は「推薦する」、サイト(site)は「遺産」という意味です。

最近では、この「シリアル・ノミネーション・サイト」での登録が増えていて、さらには国をまたいで構成される「トランスバウンダリー・サイト」での登録もあります。

 

日本のシリアル・ノミネーション・サイト

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

8県(岩手県静岡県山口県、福岡県、熊本県佐賀県長崎県、鹿児島県)の23資産により構成され、2015年に世界遺産に登録されました。

西洋地域以外の地域において初めて、幕末から明治期にかけて急速な発展を遂げた炭鉱、鉄鋼業、造船業に関する文化遺産です。

北は岩手県釜石市の橋野鉄鉱山・高炉跡、南は鹿児島県鹿児島市寺山炭窯跡までと広範囲に移籍が点在しています。

北海道と東北における縄文遺跡の関連性

北海道と東北における縄文遺跡の関連性はどのようなところになるのでしょうか。

 「北海道・北東北の縄文遺跡群」では、以下のとおりとされています。

縄文時代は、草創期、早期、前期、中期、後期、晩期の六期に区分されますが、北海道・北東北の縄文遺跡群では、縄文時代を定住の開始・発展・成熟の過程を示す3つの大きなステージに区分し、さらにそれぞれを2つに小区分しています。

 各構成資産は、遺跡の構造の変遷や立地環境により、この6つのステージに位置づけられ、連続性のある資産として縄文遺跡群全体の顕著な普遍的価値に貢献しています。

まとめ

単独の遺産としては世界的な価値は認められなくても、地理的に離れた複数の資産を一体的なストーリーで語ることができれば世界遺産として認められる余地があるのは、非常に面白いと思います。

一方で、今回の「北海道・北東北の縄文遺跡群」のように地理的に離れていると、遺跡ごとの関連性がわかりにくく、価値を感じられなくなる懸念もあります。自治体の方々には、わかりやすいストーリーで遺跡群を紹介するなどを取り組みを進めてほしいと思います。

 

今回の記事のポイント ●シリアル・ノミネーション・サイトとは、地理的に分散している複数の資産を一つの世界遺産として登録する方式
●近年、世界的に登録が増加している

北海道の緊急事態宣言はいつ解除されるのか。推計してみた。

こんにちは!ありあとです☆

北海道にも5月16日から適用されていた緊急事態宣言ですが、6月1日~20日まで延期となっています。

ここにきて北海道の感染状況もピークアウトしている感がありますが、果たして6月20日で緊急事態宣言は解除されるのでしょうか。

最近の感染動向を踏まえて推計を基に予想してみました。

緊急事態宣言解除の目安

どのような状況になれば緊急事態宣言は解除されるのでしょうか。

政府の基本的対処方針では、新型コロナウイルス感染症対策分科会が定めている4段階のステージのうち、感染が最も深刻なステージ4(感染爆発)からステージ3相当(感染急増)に下がることを解除の目安としています。

ステージ4の指標は複数ありますが、ここではわかりやすい「新規感染者数」で検証してみたいと思います。ステージ4の新規感染者数は10万人あたり25人、北海道では1,327人となります。

【試算結果】6月18日にステージ4の基準を下回る

f:id:ariato:20210601163515p:plain

今回の推計では、6月18日にステージ4の基準を下回ることになりました。

感染状況によっては今回の推計値にズレが生じることも当然想定はされますが、6月20日前後に基準を下回る可能性は充分にあります。

<試算の条件>
 ・~5月31日:実績値
 ・6月1日~:一週間前の値に0.72(5月18~24日から5月25~31日における減少率)を乗じて推計

 6月20日での解除が濃厚

ここ数日の減少傾向を踏まえると、6月20日頃までには解除基準に大きく近づいていることが想定されます。

オリンピック開催日が近づいており、早期に緊急事態宣言の解除を行いたいという政府の思惑が透けて見える中、「ステージ3相当になった」として、現在の期限である6月20日に宣言が解除される可能性が高いのではないのでしょうか。

一方で、感染力が強いとされるインド株などの影響を受けることにより、緊急事態宣言が再延長されることも可能性としてはあります。

疑問が残る「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録。

こんにちは!ありあとです☆

5月26日、日本最大級の縄文集落跡で知られる三内丸山遺跡青森市)など17の遺跡で構成される「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が世界文化遺産への登録を勧告しました。

 

f:id:ariato:20210529111018j:plain

北海道民にとっては、とても嬉しいニュース、のはずなのですが、なぜこの遺跡群が世界遺産?という疑問も尽きません。

そこで「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産登録されることへの疑問をまとめてみました!

 

世界遺産登録の疑問点

広範囲に点在する構成資産

北海道・北東北の縄文遺跡群は、北海道6遺跡、青森県8遺跡、岩手県1遺跡、秋田県2遺跡の合計17遺跡で構成されています。

f:id:ariato:20210529111005j:plain



世界遺産に推薦された理由は、北海道南部と北東北の地理的・自然的環境を背景に、縄文時代の始まりから終わりまで一貫して縄文文化が栄え、「縄文一万年の歴史を一つの自然環境のもとで語ることができる」ものとされています。

遺跡一つ一つでは世界遺産たる価値はないけれど、遺跡群でみるとその価値がある、ということなのだと思います。

しかし、広い範囲に点在している遺跡を無理に関連付けているようにも感じてしまい、17の遺跡群を一つの資産として捉えるのは感覚的についていけないな、というのが正直な感想です。

 地元民にすら乏しい認知度

青森県三内丸山遺跡は中学生の時に覚えた記憶がうっすらと残っていますが、その他の遺跡は聞いた覚えがありません。

北海道に住んでいる私ですら知らないのですから、その他の地域の方にとってはもっと馴染みがないのではないでしょうか。

これまでに日本で登録されている世界遺産は、程度の差こそあれ日本国民に認知されていたものばかり。日本人ですら知らない遺産を「世界レベル」の遺産として登録するのは正直違和感が残ります。

 

≪日本の世界遺産リスト≫

法隆寺地域の仏教建造物奈良県

② 姫路城(兵庫県

屋久島(鹿児島県)

白神山地青森県秋田県

古都京都の文化財京都府滋賀県

白川郷・五箇山の合掌造り集落岐阜県富山県

原爆ドーム広島県

厳島神社広島県

古都奈良の文化財奈良県

日光の社寺(栃木県)

琉球王国のグスク及び関連遺産群沖縄県

紀伊山地の霊場と参詣道三重県奈良県和歌山県

⑬ 知床(北海道)

石見銀山遺跡とその文化的景観島根県

小笠原諸島(東京都)

⑯ 平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(岩手県

⑰ 富士山-信仰の対象と芸術の源泉(静岡県山梨県

富岡製糸場と絹産業遺産群群馬県

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(岩手県静岡県山口県、福岡県、熊本県佐賀県長崎県、鹿児島県)

国立西洋美術館本館(東京都)

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡県)

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産長崎県熊本県

㉓ 百舌鳥・古市古墳群大阪府

 なぜ北海道と東北だけ世界遺産登録?

縄文時代の遺跡であれば、大森貝塚(東京都)をはじめ日本全国各地に数多くあり、なぜ北海道と東北だけに限って世界登録するのかについて疑問を持つ方も多いと思います。

この点については、『日本列島の中でも、特に北海道と北東北地域には縄文時代の遺跡が集中し、かつ学術的な価値と保存状態の良好さが評価された特別史跡と国指定史跡が数多くあります。これらは津軽海峡を挟みながらも縄文時代を通じて共通の文化圏であり、その範囲の広さと継続期間の長さは他の地域とは比べようがありません。しかも、各遺跡は、集落(ムラ)・貝塚・墓・祭祀場(記念物)などの縄文文化を語るうえで必要な要素がすべてそろっていて、これらの遺跡の組み合わせによって縄文文化の価値を十分に説明できるのです。』(伊達市HPより)とされています。

うーん、わかるようでわからないといったところでしょうか。。。

 世界遺産の価値低下につながるのでは?

「北海道・北東北の縄文遺跡群」はおそらく考古学的な価値は十分にあるのでしょう。しかし、その価値が「世界レベル」なのかという疑問は残ります。

また、世界遺産登録が増えすぎると、その相対的な価値が低下していくことも懸念されます。

 

最後に

色々と疑問は残るものの、世界遺産登録を機に認知度が向上し、遺跡の価値が広く認識される絶好の機会だと思います。

今後のブログでは、「北海道・北東北の縄文遺跡群」について掘り下げて調べていこうと思います

北海道での運転の際はエゾシカに要注意!

こんにちは!ありあとです☆

 

北海道で運転していて、たまに見かけるエゾシカ

私も何度かコワイ思いをしたことがあるので、今回はエゾシカとの交通事故について取り上げてみたいと思います。

 

年間3,500件以上!?北海道で多発するエゾシカとの衝突事故

 令和2年のエゾシカが関係する交通事故件数は3,511件で、10年前(平成22年)の2倍にまで増えています。

 また、10~11月の事故件数が多く、全体の約4割を占めています。10~11月はエゾシカの繁殖期で行動範囲が広がるほか、冬の越冬地へ移動する時期でもあるからです。

 時間帯では、エゾシカの行動が活発となる日没前後の16~20時の事故件数が多いです。日没前後は視界が悪いことに加え、エゾシカの体毛と道路が同じような色に見えてしまい、気づくのが遅れてしまいます。

ぶつかるとどうなる?自動車保険は適用外!?

 エゾシカは非常に筋肉質な動物で、大きい個体は200キロにもなるため、正面衝突するとフロントガラスが割れたり、車体が大きくへこむなどの被害が生じ、死傷者が発生することもあります。私の知り合いで、エゾシカと衝突し、廃車となってしまった人もいます。なお、日本損害保険協会の北海道支部によると、エゾシカにぶつかった場合の平均的な修理費は54万円くらいのようです。

  場合によっては高額な修理費が発生することになりますが、保険は適用されるのでしょうか。エゾシカとの接触事故では、賠償責任を求める相手がいないため、単独事故として扱われることが一般的です。このため、単独事故もカバーする「車両保険」に入っていなければ、保険金をもらうことはできません。

エゾシカにぶつからないためには?

①出没しやすい時期・時間帯は特に注意

  エゾシカの行動が活発となる10~11月や日没時間帯は特に注意しましょう。

②日没時は早期の点灯を

  日没時は視界が悪く、エゾシカに気づくのが遅れるため、早期に点灯することを心がけましょう。エゾシカの目にライトがあたるとキラリと光るため、遠くにキラリと光る二つの目があれば、それはエゾシカの可能性が高いです。

③森林の中の道路は要注意

 道路沿いに森林が迫っている箇所は、エゾシカの通り道になっている場合が多く、またカーブも多いため、通過する時はエゾシカの飛び出しに注意する必要があります。。

それでもぶつかってしまった場合

 十分に注意していても、突然飛び出してきたら避けるのは困難なケースもあります。実際にぶつかってしまったら、一応事故なので警察に連絡しましょう。特に、ぶつかった鹿が道路に横たわった状態だと、後続車に多大な迷惑がかかるおそれがあります。

 私も、高速道路を走行中、横たわっている鹿に危うくぶつかりそうになったことがあります。

まとめ

 近年事故件数が大幅に上昇しており、私も道路脇にエゾシカがいるのを目にする回数が増えてきた気がします。

 エゾシカと衝突すると多大な被害が生じるので、ぶつからないように最新の注意を払い、北海道のドライブを楽しみましょう!!

【北海道ニュース】聖火リレー、やるの?やらないの?

こんにちは!ありあとです☆

 

今日はこのニュースについて取り上げてみようと思います!

 

news.yahoo.co.jp

 北海道の聖火リレーは6月13~14日の二日間

そもそもですが、北海道の聖火リレーは、6月13~14日の二日間で行われる予定です。

 

一日目 函館市根室市北斗市七飯町釧路市洞爺湖町帯広市室蘭市白老町

二日目 苫小牧市富良野市むかわ町旭川市厚真町→安平町→札幌市→苫小牧市千歳市→札幌市→稚内市→札幌市

 

ん?函館から根室?600キロ以上も離れてるけど無理じゃない?と疑問に思う方もいるでしょう。

実は聖火リレーには、ワープする方法が認められているのです。

 

遠距離のリレーを可能にする「親子の火方式」

聖火リレーを実施する際、北海道のように広大なエリアで、遠隔地でもリレーを継続できるように、「親の火」とは別に用意した「子どもの火」を使う「親子の火方式」を採用する場合があります。

このため、600キロ以上も離れた函館と根室をワープすることができるのです。

 

北海道の聖火リレー開催経費は3億円以上

各地で順々に行われている聖火リレー、いったいいくらかかっているのでしょうか。

聖火リレーは地元都道府県が負担することになっています。北海道は、聖火リレー関連の業務は民間に委託されており、契約額は3億2千万円です。(北海道庁HPより)

額が大きすぎて一般庶民にとっては、妥当な額なのかはよくわかりません。。。ちなみに全都道府県では116億円の税金が投入されているようです。

ただ、新型コロナで困窮している方々向けに使うことはできなかったのかという疑問はあります。

 

委託先は何かと話題となる電通の子会社である(株)電通北海道。他県でも電通関連会社が受注しているケースが多いようです。

 

公道でのリレー中止、無観客での点火式のみの実施が濃厚

さて、緊急事態宣言が発令される中、北海道の聖火リレーはどうなるのでしょうか。

予測する上でのポイントは、

 ・緊急事態宣言はいつまで延長されるか

 ・他の都府県の実施動向はどうなっているのか

ということでしょう。

 

現在、北海道には緊急事態宣言が発令されています。

現在の終期である5/31で終了すればいいのですが、過去の発令時や先に発令された大阪府などの状況をみる限り、延長は間違いないでしょう。

緊急事態宣言が延長される場合、当初の予定どおりに開催することは考えにくいですね。

 

緊急事態宣言が発令されている、福岡県(5/11~12)、広島県(5/17~18)、岡山県(5/19~20)では、「公道でのリレー中止、無観客での点火式のみの実施」としています。

このため、北海道も「札幌とウポポイで無観客の点火式のみ実施」という対応になるのが濃厚でしょう。

 

最後に

無観客の点灯式のみ実施、という聖火リレーになんの意味があるのか私にはよくわかりません。

オリンピックの開催自体に疑問を持つ国民が過半数いる中で強行しても、かえってシラけるだけですね。

それでも完全な中止をしないのは、スポンサーとの契約等が理由なのでしょうか。オリンピックをめぐる一連の政府の対応をみていると、首をかしげたくなることばかりです。

【北海道旅行】2泊3日で札幌~函館観光はできる?甘く見ないほうがいい、北海道の広さ。

私は北海道にも東京にも住んだことがあるのですが、本州の方にイマイチ理解されていないなと思うのが北海道の広さです。

東京に住んでいた時、以下のような会話を何度もしました。

 

f:id:ariato:20210516164937j:plain

本州民:今度2泊3日で北海道に行くんだよね~。おすすめの場所とか教えて~

道 民:行きたい場所はあるのかな?

本州民:新千歳空港発着で行くから、札幌を中心に小樽とか函館とか行ってみたいな。

道 民:・・・。(2泊3日だよね?)

本州民:さすがに知床は遠いかな?できれば富良野とかも行ってみたいんだけど。

道 民:・・・。

 

本州の方も、北海道は広いということは当然知っているのでしょうが、都市間の距離の肌感覚がないのだと思います。

 

f:id:ariato:20210516165001j:plain

2泊3日で札幌・函館・小樽に行くとしたら

参考までに、道内の主な観光地の札幌、函館、小樽を2泊3日で観光するモデルケースを作成してみました。

 

1日目 11:00 新千歳空港

       ↓ JR40分

     11:40 札幌駅着 札幌市内観光 (札幌泊)

2日目 07:45  札幌駅発

       ↓ JR45分

     08:35 小樽駅着 小樽市内観光

    14:00 小樽駅

       ↓ JR30分

    14:30 札幌駅発着

       ↓ JR3時間50分

    18:20 函館駅着 (函館泊)

3日目 09:00 函館市内観光

    14:00 函館駅

       ↓ JR3時間20分

    17:20 新千歳空港

 

なんとなくイメージできましたかね?2泊3日でまわろうと思うと、それぞれ半日くらいしか観光できません。

特に無理があるのが、札幌と函館間の移動です。

 

札幌と函館への移動は3時間50分!

 同じ道内と言っても札幌と函館間は約300キロあり、JR(特急)で3時間50分、車で高速道路を使っても4時間20分かかります。

3時間50分といえば、東京駅-広島駅間(新幹線)に相当する時間です。

2泊3日の行程で、札幌も函館も行くとなれば、移動時間が多くなり、実際の観光時間が制限されることを覚悟しなければなりません。

実際に私の知り合いにも、短期間の旅行で札幌と函館を言ったことを公開した方もいました。

 

f:id:ariato:20210516165024j:plain

北海道旅行を計画される方へ

もし今後北海道旅行を計画するのでしたら、北海道の広さを甘く見ず、しっかりと下調べした上でお越しくださいね。そうしないと、移動ばかりで退屈な旅になってしまう可能性があります。

場合によっては、行きと帰りの空港を変えてもいいかもしれません。

北海道旅行の際は、計画的に!!